TOPページへ ごあいさつ ごあんない ぜんそくQ&A 院長のコラム 院長著書
 
医者がすすめる専門病院に掲載されました


医者がすすめる専門病院
神奈川県 全面改訂 Part 2
ライフ企画 2,667円+税

P.374 アレルギー科に掲載されました。

あざみ野おさかべクリニック
       呼吸器・アレルギー科
所在地横浜市青葉区あざみ野2-9-11 サンサーラあざみ野3階 TEL.045-902-3033
スタッフ刑部義美院長☆(昭和大学藤が丘病院内科呼吸器客員教授)、非常勤医1人(女医)。
特色気管支喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症などのアレルギー疾患を中心に昭和大学藤が丘病院内科呼吸器および救命センターにおいて、生命維持装置を必要とした重篤な気管支喘息100例以上の治療の経験からあらゆる喘息に対応でき、難治性喘息などの治療も行っている。医療従事者・医療関係者の患者も多い。
症例数

治療

成績
開院約2年間で患者数5,000人のうち約8割がアレルギー・呼吸器疾患で、特に喘息患者は毎月約600人。喘息治療では、患者、医師双方の勉強不足と不十分な治療が喘息死につながるという院長の長年の研究結果により、第一に患者への説明に時間をかけ、理解し納得してもらい治療を始めている。喘息の診断には、 画像診断、肺機能検査、アレルギー検査、血液ガス検査などから病態を知り、日本アレルギー学会のガイドラインを基本にして多くの経験を生かし、最適な治療を目指している。喘息治療は、吸入ステロイドと抗アレルギー薬を中心に治療計画を立て、必要に応じてピークフローの測定や喘息日誌なども使用している。症状が安定後、平均月1回の通院治療で約90%の患者の喘息管理に成功している。 禁煙は特に呼吸器疾患治療において重要であるので、呼気の一酸化炭素測定器により重症度を知り、ニコチンパッチなどを使用し禁煙指導も行っている。喫煙などが原因で咳、息切れ、喀痰、呼吸苦を主症状とするCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の診断を受けた方には、薬物療法とともに在宅酸素療法も行っている。SAS(睡眠時無呼吸症候群)の診断、治療にも力を入れている。
医療設備デジタルX線装置、スパイロメーター、パルスオキシメーター、血液ガス分析装置、腹部・心臓超音波診断装置、心電図、ホルター心電図、呼気CO2検出装置。
外来診療月・火・水・金は、午前8時50分〜12時30分、午後3時〜6時30分、木・土は、午前8時50分〜12時30分、木午後・土午後・日・祝日は休診。http://www.osakabe.com
カルテ開示○ セカンド・オピニオン受入れ○ データ貸出○ G薬△
刑部義美 1950年生まれ。昭和大学医学部卒

Copyright (C) 2003 おさかべクリニック. All Rights Reserved.
〒225-0011横浜市青葉区あざみ野2-9-11サンサーラあざみ野 3F TEL045(902)3033