TOPページへ ごあいさつ ごあんない ぜんそくQ&A 院長のコラム 院長著書
 
アレルギーて何?
最近、皆さんも色々なところでアレルギーと言う言葉を耳にする機会が多いと思います。

でも、アレルギーて一体なんなんでしょうか?
簡単に説明してくださいといわれて、すらすら答える事が出来る人は我々医師の中でもそうそうおりません。

皆さんが医療機関で診察を受けた際に医師から、喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症、アトピー性皮膚炎、アレルギー性結膜炎、じんま疹などと、アレルギー性疾患と診断されることは決して少なくはないはずです。

本来アレルギーは我々の体を守るための防御機構なのです。人間社会にたとえるなら警察官の役目をしています。例えば、我々の体の中に異物(細菌、ダニ、ホコリ、花粉など)が入ってくると、それを排除(処理)しようとする働きが即座に始まります(これをアレルギー反応と考えます)。皆さんの家に悪い奴が侵入してきたときお巡りさんが来て助けてくれるのと同じです。しかし、ここで、話が終わりならアレルギー反応はいい事ずくめなのですが体質的(アレルギー体質)にこのアレルギー反応が過剰にでてしまう人がいるのです(現在のところ、なぜ過剰になってしまうのか判っていませんが遺伝的素因が原因ではないかと考えられています)。

アレルギー体質の人にダニとかホコリ、スギの花粉などが入りこんだ部位(場所)に反応がおこるのです。例えば鼻で反応がおこるとアレルギー性鼻炎や花粉症、のどや気管では喘息、皮膚ばアトピ-性皮膚炎、眼ばアレルギー性結膜炎というわけです。これらの病気は、まったく別の病気ではなく、アレルギー反応のおこる場所によって症状が違うだけで根本は同じなのです。せきが何ヶ月も続いて困っている、あるいはぜん息や鼻炎、花粉症でお悩みの方、なるべく早く当院まで御相談ください。

Copyright (C) 2003 おさかべクリニック. All Rights Reserved.
〒225-0011横浜市青葉区あざみ野2-9-11サンサーラあざみ野 3F TEL045(902)3033