TOPページへ ごあいさつ ごあんない ぜんそくQ&A 院長のコラム 院長著書
 
小児喘息の治療
ぜん息の治療は、近年、急速な進歩をとげており、アレルギーを専門とする医師がいる医療施設で診察を受けてさえいれば、多くの患者さんの夜間発作は激減し、お子さんの日常生活にはまったく支障がない状態にまで喘息をコントロールすることが出来る様になっています。

その、原動力となっているのが抗アレルギー剤とステロイド剤(副腎皮質ホルモン剤)です。現在、ぜん息はアレルギー反応が原因となった気道系の炎症(やけど)によって発症するといわれており、この、アレルギーのやけどの治療薬として最も有効性が高いのがステロイド剤なのです。

しかし、御家族の中にステロイド=強い副作用=危険な薬とのイメージを強くもたれており、ステロイドの使用なくして治療が難しい重症な発作に陥っているお子さんに対する処方にさえ、頑なに拒否される場合が見受けられます。

確かにアレルギー疾患に精通していない医師により安易にステロイドが使用された場合など成長、骨、眼、筋肉、精神等へ障害が発症する事もありますが、しかし、ぜん息の専門医によって、薬剤の種類(例えば吸入ステロイド)、投与する時期や期間、量、投与方法などを症状に合わせて正しく使用すれば副作用の発現頻度は極端に低く、出現しないといっても過言ではありません。

現在、お子さんのアレルギー疾患に悩んでいる御両親は一刻も早くアレルギ-学会が認定する、アレルギー専門医をたずねてください。不十分な治療は慢性化し、難治化の原因となります。
お近くにアレルギー専門医がいらっしゃらないなら当院までおいでください。

Copyright (C) 2003 おさかべクリニック. All Rights Reserved.
〒225-0011横浜市青葉区あざみ野2-9-11サンサーラあざみ野 3F TEL045(902)3033